2017年07月28日

京都の名所旧跡ご紹介14 良正院

61AD2191-9C3B-4D60-9ECB-C241F4E63ACC.jpg

知恩院三門から北へ、
青蓮院に辿り着くまでにある
知恩院の塔頭寺院です。
徳川家康の次女・督姫の菩提を弔うため、
寛永8年(1631年)に建立されました。
本堂と表門は
国の重要文化財に指定されています。
 
督姫さんは 本能寺の変の後、
領土争いをしていた
徳川家と北条家の和睦の証として、
19歳の頃、北条氏直の正室となりました。
その氏直は 後に病死。
今度は 豊臣秀吉の仲介で、後に
姫路藩初代藩主となる池田輝政に嫁ぎました。
 
当時、池田輝政には 
糸姫という正室がいたのですが、
産後の体調不良を理由に離縁したうえで
督姫を継室として迎えたそうです。

このエピソードだけ切り取ると
池田輝政さんのクズっぷりだけが際立ちますが、
実際は どうやら池田さんを取り巻く状況下、
糸姫さんを捨てて
督姫さんを妻にせざるを得ない
のっぴきならない事情があったようです。
 
一部分だけ切り取って
ああだこうだと批評するのは危険だというのは、
現代社会にも通じる教訓であります。
ちなみに、
そんなイワクつきの結婚ではありましたが、
池田輝政さんと督姫さん、
本人同士はとても仲が良かったようです。
 
そんな督姫さんゆかりのお寺「良正院」。
良正院は督姫さんの法名です。
境内には狩野山楽の息子といわれる
絵師・三益が描いたという襖絵が残されていて、
コチラは1面だけ竹に色が塗られておらず、
「色抜きの竹」と呼ばれています。
 
2014年10月の産経新聞によると、
この年に初めて特別公開が行われた模様。
現在は一般公開しているのか?
期間限定で特別公開しているのか?
わかりません、ごめんなさい。

撮影時は門が閉まっておりました。


そして、今日は金曜日なのに
お弁当がありませんでしたので、
こんな感じのアップです。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 16:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

京都の名所旧跡ご紹介13 二条城

72744E8F-7AEA-441B-B86D-5211DCCB7BF4.jpg

木曜日はお弁当がないので、
京都のラジオディレクターらしく?
京都の名所旧跡をご案内します。

世界遺産「二条城」。
徳川幕府が初代将軍 家康の時代
(慶長8年・1603年、)に
京都御所の守護と
将軍上洛の際の宿泊所として造営しました。

のちに寛永3年(1626年)、
後水尾天皇の行幸にそなえて、
三代将軍徳川家光の代に改造。

慶応3年(1867年)には 
十五代将軍徳川慶喜によって、
大政奉還が発表されました。
江戸時代をほぼ最初から最後まで
見つめ続けてきたお城です。
 
今年はその大政奉還から150年。
例年以上に二条城を訪れる方が多いそうです。
 
そんななか、この夏は
初の早朝開城が行われています。
通常8時45分に開城する二条城が
1時間45分早い朝7時に開城します。
7時となると、さすがにさほど人はおらず、
世界遺産独り占め♪な感じです。
城内では 小規模ながら
「朝市」も開かれていて、
三条会商店街のお店が出店されています。
 
事前予約しておけば、
「香雲亭」で「ゆば粥御膳」をいただけます。
生ゆばに冷製あんをかけた「京ゆば」、
山科なすなどの「炊き合わせ」
トウモロコシやアナゴの入った
「冷たい茶碗蒸し」など6品に
あったかい「ゆば粥」が付いて
1人税込み2500円で、一日30食限定。
前日の午後4時までに事前予約が必要です。
 
誰もいない二の丸庭園を歩いていると、
少しばかり城主の気分が味わえて、
ついつい「余は満足じゃ」と言ってしまいます。
写真撮影にも最適ですね。
 
早朝開城は夏限定。8月31日までです。


posted by 涌井慎 at 22:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

NO.753。吉本新喜劇。

D1711B37-C386-4282-9C03-EEDE79794E6A.jpg

森田まりこさんという方が、
大人から子供まで、
とても人気を集めているそうですね。

時代とともにカタチを変えながらも、
エバーグリーンな笑いを
私たちに届けてくださる
新喜劇の皆さん、素敵ですね。

このお弁当は
のりたまりこさんです。
これはこれで素敵です。
エバーグリーンかどうかはわかりませんが。

posted by 涌井慎 at 21:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

NO.752 失われた砂漠の都

4781956C-F44B-4F35-AD2D-345FF09A3C4B.jpg

750を越えて、
まだこの手のダジャレが残っていました。
ダジャレってのは無限大かもしれませんね。

湯水のごとく出てくるというわけてば
ないのかもしれませんが、
こうして毎朝、限られた時間のなかで、
思い浮かぶってのは、
これは皆さん、greatなことですよ。


砂の下に消えた都、
そこにもダジャレが
飛び交っていたのだとしたら、
そんな平和な都が消滅してしまったことが
悲しいです。


いまある我々の住んでいる町だって
いつ消えてしまうかわからない。
そんな世の中になっちまった。


次世代に笑顔を残すために、
やらねばならんことがある。


って
なんでこのお弁当を見て、
そんなに考えこまなあかんねん!!


posted by 涌井慎 at 13:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

NO.751。フランスの作曲家

81BCDF77-CA67-4D7F-A83C-28A0258612BE.jpg

ラブサウンドの王様と呼ばれ、
イージーリスニングの第一人者として
知られています。

お弁当は
そんなイージーリスニング感は皆無。
ポールをポークに変えるだけで、
雰囲気はガラリと変わるものですね。

posted by 涌井慎 at 15:30 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

京都の名所旧跡ご紹介12。知恩院

B1018B63-7E7D-420F-B47A-F9124CE2DEB2.jpg

お弁当のない日は
京都のラジオディレクターらしく?
京都の名所旧跡をご案内いたします。
 
浄土宗総本山「知恩院」。
円山公園の北側にあります。
毎年春に行われている
「ミッドナイト念仏in御忌」が、
すっかり有名になりました。
 
念仏が唱えられるなか、
夜通し、ひたすらに木魚を叩く行事です。
私は木魚を叩きながら、
目の前にいらっしゃる仏像の皆様に
半生の懺悔を聞いてもらっています。
一通り聞いてもらってから外に出てみると、
なんといいますか、
とても謙虚な気持ちになれているのです。
 
あの感覚を大切にしたいと思いつつ、
しばらくすると無くなりがちなので、
できれば3か月に一度くらい
実施してほしいものです。
 
そんな「ミッドナイト念仏」が行われる
「三門」は、徳川秀忠の命によって
建立されたもので、
平成14年に国宝に指定されました。

国内に現存する木造建築として
最大級の二重門です。
夜の時間帯に「三門」の内部に入れるのは、
「ミッドナイト念仏in御忌」の時だけなので、
そういった意味でも、あの行事は貴重です。
 
さて、「知恩院」といえば
「除夜の鐘」が撞かれる「梵鐘」も有名ですね。
高さ3.3m、直径2.8m、重さ70トン。
方広寺や東大寺の梵鐘と並ぶ
大きな大きな釣鐘です。
大晦日、親綱1人、子綱16人の17人で
鐘を撞く様子は
京都の冬の風物詩として定着しています。
 
ただ、「知恩院」の除夜の鐘が始まったのは
昭和5年からと意外に歴史は浅く、
NHKのラジオ中継の要請に答えるカタチで
始まったんだそうです。
けっこう柔軟なんですね。
僕の要請で三か月に一度、
「ミッドナイト念仏」してくれんやろか。
 
「知恩院」の梵鐘といえば、
もう一つ有名なエピソードがあります。
アインシュタイン博士が
梵鐘の真下に立った後、鐘を打たせ、
鐘の真下では音波が相殺して
無音の場所ができることを証明したそうです。

posted by 涌井慎 at 15:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

祇園祭 後祭マップ作りました。

DA7A5937-3C6B-41D0-9AA0-F37FADB9F08E.jpg

明日は祇園祭後祭の宵山です。
前祭より地味な感じの後祭ですが、
この考えは間違いであり、
前祭が盛り上がりすぎるのです。
お祭りは後祭くらいがちょうどいい。
と思うのは私だけかしら。

ちなみに地図のイラストは、
 
鈴鹿山・・鈴鹿権現
役行者山・・役行者
黒主山・・桜の花
浄妙山・・橋合戦の橋と矢
鯉山・・鯉
橋弁慶山・・弁慶
八幡山・・鳩
北観音山・・止まってるのが尾長鳥
南観音山・・止まってるのが鳩
大船鉾・・姿形をそのまま
 
ってな感じで描いております。
正直、西洞院より西は
要らんかったと思っております。


明日の後祭、
山鉾町巡りにどうぞご活用ください。


posted by 涌井慎 at 21:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする