2017年08月31日

京都の名所旧跡ご紹介31大善院。

B8DC7A3A-FA20-4AE7-8199-01D2823692B0.jpg

大善院は仏光寺派の寺院です。

仏光寺中興の祖「了源上人」さんの弟子、
武田明信さんによって開かれました。
明信さんは 了源さんが
本山を東山に移した際、そこに留まり、
「南坊」という道場を創りました。
これが大善院の始まりです。
 
天正14年(西暦1482年)、
本山・仏光寺が豊臣秀吉に請われて
東山から現在の場所に移る際、
大善院も現在地に移りました。
この頃は まだ「大善院」という名前ではなく、
寛永10年(西暦1633年)に改称します。
 
その後、天明の大火、元治元年の兵火に遭い、
寺宝などはほとんど失ってしまったようです。
現在の本堂が建設されたのは明治時代末のこと。
平成8年には庫裏と書院が
新たに建築されました。
 
そんな「大善院」、平成17年に
大善院ギャラリー「おてらハウス」が
オープンしました。
ギャラリー内にある「精進カフェ和香」では、
毎週水木金土の4日間、ランチタイムに
「精進ランチセット」をいただけます。
 
「おてらハウス」の入り口には小さなお地蔵様。
コチラは「せんそうこじぞう」様です。
大戦が終わってから、
親を亡くした子供(孤児)が
京都にたくさん集まりました。

戦争のない平和な世界を願い、
日本の戦争孤児の歴史を伝える目的で
建てられたのが、
この「せんそうこじぞう」様です。

地球を抱えておられ、その地球の上には
小さな5体のお地蔵様がおられます。
それぞれ、「戦災孤児」「沖縄の戦場孤児」
「原爆孤児」「引揚・残留孤児」
「混血(国際)孤児」を表しているそうです。
 
こうした史実をもっと身近に感じられれば、
「京都で先の戦といえば応仁の乱」的な
都市伝説も無くなるかもしれない。
この都市伝説も
「京都には空襲がなかった」という
嘘を広めさせているのではないかしら。

とはいえ、
ほんまに「先の戦は応仁の乱」と言う
京都の人、おられるそうですね。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 15:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

NO.768。永遠の愛。

E0FAD5A3-6841-413A-B651-B4BA1CE480B4.jpg

レバーが4つのラブ。
フォーレバーラブ、永遠の愛。

結婚するまでは
永遠ていう言葉なんて知らなかったよね。

昨日、長男に
お父ちゃんとお母ちゃん、
もっと結婚してる感じ出して。
といわれたよね。

結婚してる感じって
どんなんなんやろか。

posted by 涌井慎 at 14:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

NO.767。この世は私のためにある

3A50BCB0-83C4-4C66-9B00-FBF2E33FDFDB.jpg

北斗の拳で
聖帝サウザー様あたりが
言いそうなセリフですが、
山本リンダさんです。
作詞は阿久悠さんです。

改めて
狙いうちの歌詞を眺めてみるわけですが、
いや、天才ですね。
ほんまに。阿久悠さん。
誰も敵わないですわ。

ウララウララウラウラ「で」
ウララウララウラウラ「よ」
ウララウララウラウラ「の」。
↑こんなん、神がかってると思うわ。

リアルタイムではないけど、
間接的にでも、
その詞世界に触れられる世代で
よかったと思うよ、私。

そんで、
「ニラいうち」する我が妻も、
なかなかのもんやと思います。
さすがやわ。



posted by 涌井慎 at 13:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

NO.766。やがて死語になるのだろうか

F733A10F-96E2-49CB-BA8A-96C25F291209.jpg

CDが売れなくなったいま、
ジャケ買いっていう言葉も行為も
昭和の遺物になっていくのでしょうか。

私の子供の世代になれば
このお弁当で「ジャケ買い」と
「シャケ買い」をかけているということに
気づくこともできないのであろう。

時の流れとは残酷なものだ。


posted by 涌井慎 at 17:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

静香。

CF89D24F-E8DB-44FF-8935-EA3C56365177.jpg

木村さんの奥さんの工藤さんじゃありません。

千本今出川に
ものすごい味のあるおばあちゃんが
やっておられる喫茶店があるのです。
「静香」っていう。

私はずっと、
あのおばあちゃんが静香さんなんだと
思っていたら、
今日の産経新聞によると、
どうやらあの方は和美さんらしい。

すごく面白い、
興味深い記事だったので、
気になる方は今ならまだ間に合うと思うから
産経新聞、買いにいけばいいと思います。

posted by 涌井慎 at 15:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

京都の名所旧跡ご紹介30 長性院

D6BA0EC1-365C-4ADA-93D4-49EBA7181FD0.jpg

仏光寺の周囲には
仏光寺派の小さなお寺があちらこちらに。

しかしながら、ほとんどのお寺に駒札はなく、
インターネットにも、
あまり情報が掲載されていません。
(ひょっとすると
仏光寺派ではないお寺もあるかも・・)
 
常行寺、教音院、光菌院、
久遠院、明顕寺、昌蔵院は
いずれも情報が少なく、
おそらく一般の方が
拝観できるお寺ではないかと思われます。
図書館などに行けば、
何か知ることができるのでしょうか。
※仏光寺のHPを見るに「久遠院」は
どうやら仏光寺派のお寺ではなさそうです。
 
そんななかでも、
いくつかHPを開設しているお寺がありまして、
「長性院」もその一つです。
開山は700年ほど前で、
仏光寺の中興の祖といわれる
「了源上人」の長息空信が
京都の今熊野の地に開きました。
※「長息」って何ですかね?
意味を調べても「長い溜息をつくこと」としか
出てこないのですが・・。
以降、京都の町や仏光寺と共に、
歴史を重ねてきたそうです。
 
こちらも普段は非公開のお寺ですが、
今年の5月に「TIME OF GOLD」という
アート展を開催されていました。
仏様や極楽浄土を表し、仏壇や仏具、
美術品、工芸品などにも用いられる
「金(GOLD)」をテーマに 
5名のアーティストさんが、
作品展示されていて、見ごたえありました。
 
昨年2月には「POWER OF GOLD」と銘打ち、
アート展を初開催されていますので、
今年は2回目。
来年、3回目があるときは
何オブゴールドなのか?気になります。
 
こうして書いてみると、
改めて思うのは 
実際に行って見て感じることの大切さです。
ネットを見れば、「知る」ことはできますが、
感じることができない分、
体や心に入り込んでこないんです。
 
昔、島耕作が「豊かになったからこそ、
貧困に目がいくようになった」と
言っていましたが、それと同じですね。
ネットが普及したからこそ、
体験することの大切さを、
いま、みんな実感してるんじゃなかろうか。

posted by 涌井慎 at 19:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

NO.765。美肌ぷるぷる

6721B88E-1B71-4471-A00B-A97FC7853B45.jpg

アミノコラーゲンってのが
最近、人気らしいですね。

いや、
安心してください。
別にアミノコラーゲンを
宣伝するための記事ではありません。

どう考えても
美肌ぷるぷるにならなさそうな
アミノ唐揚げンのご紹介です。

美味しかったです。

とりあえず、食べ物は
大前提として、
美味しくないとあかんね。

posted by 涌井慎 at 12:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする