2017年11月29日

京都の名所旧跡ご紹介74 平野神社

B39ABD20-8EEA-44E6-A775-ABBDE8907350.jpg

母校立命館大学では 今はどうか知りませんが、
私の入学した当時は 
入学前に同じ学科の先輩たちと
挨拶代わりにお花見をするような
システムがあり、
衣笠にある この平野神社が
会場となっていました。
 
平野神社といえば、
京都屈指の桜の名所ですからね。
古くから、各公家伝来の桜が奉納されたため、
境内には約50種、
約400本の桜が植えられていて、
特に夜、灯りに照らされる姿が美しいことから、
「平野の夜桜」として親しまれています。
 
平野神社が大学の近くになければ、
先輩たちとの会も 
お花見にはならなかったでしょう。

知らんけど。
 
そんなわけで、私の京都での思い出といえば、
“最初”は平野神社だったのです。
京都童貞だった私は
平野神社で筆おろししたわけだ。
 
それなのに、私は
平野神社のことを知らなさすぎるから、
いまさらながら、駒札を見て、
通り一遍の知識を入れてみた。

平野神社は平安遷都に伴って、
奈良の平城京から、
いまの場所に移された神社です。
平安時代中期には
伊勢、上賀茂・下鴨、岩清水、
松尾に次ぐ名社に数えられていました。
 
歴代の朝廷に大変厚く崇敬され、
源氏や平家とはじめ
諸氏の氏神としても崇められたそうです。
重要文化財にも指定されている本殿は、
寛永年間(1624年〜1644年)に
建築されたもので、詳しいことは端折りますが、
「平野造り」とか
「比翼春日造り」と呼ばれています。
 
私のほかにも、「はじめて」が
「平野神社」だった人は多いんじゃなかろうか。

たまには桜の時期以外にも会いにいかねば。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 15:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

京都の名所旧跡ご紹介73 大将軍八神社

0AD79AFB-CAA5-48A5-A7A8-A46B13A3B53A.jpg

一条通り御前西入ルにある「大将軍八神社」。
近所の「大将軍」という地名は
「たいしょうぐん」ですが、
コチラの神社は
「だいしょうぐんはちじんじゃ」と読みます。
「大」が濁るんです。
 
「大将軍八神社」は平安建都の際、
都の方除けの守り神として
造営されたのが始まりとされています。
当初は「大将軍堂」と呼ばれていましたが、
江戸時代初期に「大将軍社」と改められて、
さらに「大将軍八神社」と改められ、
現在に至ります。
 
「大将軍」というのは、
坂上田村麻呂や源頼朝、
足利尊氏などのことではなく、
「陰陽道」でいう「星野天大将軍」のことです。
 
「星野天大将軍」は“方位”を司る神様らしく、
このため、「大将軍八神社」は、
移動、旅行、そして建築など、
方角に関わる厄除けの神様として、
親しまれ、時々の権力者たちにも
厚い待遇を受けていた模様です。
 
方角に関わる厄除けで
「建築」というキーワードが出てくるあたり、
「鬼門」という言葉もあるように、
建築の際、方角を気にかける風習が
古くから存在していたことが、
よくわかりますね。

知らんけど。
 
境内にある「方徳殿」には、
80体もの「大将軍神像」がおさめられていて、
重要文化財に指定されています。
あと、陰陽道といえば・・
そうです。コチラの神社にも、
あの安倍晴明さんの子孫から伝えられたという
天文学や暦に関する資料が残されています。
 
独特の空気を纏う神社です。

posted by 涌井慎 at 22:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

京都の名所旧跡ご紹介72 地蔵院

D5302AB9-73B2-4546-9BF5-0EBE3BA76AA8.jpg

西大路一条、
いわゆる妖怪ストリート、
西側入口あたりにある「地蔵院」。
浄土宗のお寺で通称は「椿寺」です。
 
もとは「行基」さんが、
「聖武天皇」の勅願によって、
摂津国の昆陽野池の畔に建立した
「地蔵院」が始まりだとされています。
 
「行基」、懐かしいですね。
小学生の社会の教科書に出てきたはずです。
確か東大寺の大仏さんを作った
立役者じゃなかったかな。
「地蔵院」の境内にある地蔵菩薩様も
行基さんが作ったものとされています。
 
そんな「行基」さんが
摂津国に建てた「地蔵院」は、
平安時代、衣笠山の麓に移されましたが、
室町時代の初期、戦災で焼失しました。

その後、
一休さんにしてやられるイメージの強い、
室町幕府3代将軍・足利義満さんが、
あの金閣寺を建立した際、
余った財産で再建したそうです。
 
こんなパターンがあるのですね・・。
 
その余った財産のおかげで建てられた地蔵院は、
天正17年(1589年)、
豊臣秀吉さんの命によって、
いまの場所に移されました。
御土居の建築を始める2年前くらいなので、
御土居建築に邪魔やったから
動かしたんですかね。知らんけど。
 
さて、冒頭、
「地蔵院」は通称「椿寺」だとご紹介しました。
書院の前庭には 豊臣秀吉さんが、
「北野大茶湯」という盛大な茶会を、
近くの北野天満宮で行った縁で、秀吉さんから、
五色八重散椿が寄進されたそうです。
 
この椿は惜しくも
枯れて失くなってしまいましたが、
現在は樹齢120年を越える“二世”が、
本堂前に花を咲かせています。

とはいえ、見ごろは3月頃なので、
今は咲いていません、悪しからず。

posted by 涌井慎 at 23:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

昨日は磔磔へ。

4FDCB937-F031-418D-9AC1-27651F47BC22.jpg

昨日は水島ボスに会いに磔磔に。

オーディションライブで落選したのは
何年前のことでしょう。
当時は長髪でものすごいタトゥーの入った
スタッフさんがおられて、
めちゃくちゃ怖かった。

個人的には水島ボスも怖かったのですが、
ライブ中に私が
「幽☆遊☆白書の桑原です」と
言うたのをえらく気に入っていただき、
以来、会うたびに「くわばら」と
言うてくださるようになりました。

最近は無いやり取りです。

来年2月26日、ここ磔磔にて
涌井大宴会、開催いたします。

昨日は自転車で
一人芝居の練習してたところ、
保育園の先生とすれ違い、
スルーされました。

詳細未定ながら、
おもろいことを企てておりますゆえ、
ぜひとも皆様、お越しください。

入場料は1000円です!

posted by 涌井慎 at 16:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

久しぶりに拾得へ。

334EE75D-1DB2-4824-A666-6D013BFFAF58.jpg

おととい、テリーさんに会いに久しぶりに
拾得へいきました。

昔やってたバンドのCDを
まだ置いてくれていました。
いまでもたまにBGMに
使ってくれたりもするらしい。

9割9分の恥じらいと
残りの嬉しさ。

あの頃、僕らは若かった。


電気ブランを飲んだけど、
記憶は飛ばず。
すっかり大人になりました。

posted by 涌井慎 at 17:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

京都の名所旧跡ご紹介71 竹林寺

BFCC9678-5AC2-4AE2-BECC-47FAE087E4D4.jpg

昨日紹介した「だるま寺」こと
「法輪寺」の向かい側にあるお寺です。
平野国臣さん以下、
三十七人の幕末の志士の皆さんのお墓が
あります。
 
以前、インターンシップで
α-stationに来た学生さんが、
「幕末」を専攻している
ということだったので、
「幕末」のことをわかりやすく
説明してくださいとお願いしたら、
どうやら「幕末」は
「ペリー来航」から始まるようです。
 
ペリーの来航で外国との軍事力の差に
驚いた幕府のなかでは、
外国の脅威への対応策として、
大きく3つの派閥に分かれました。
 
●拒絶・・
開国はせず、返答を焦らし、
その間に軍備を充実させて外国を撃退しよう!
この派閥が後に“天皇を敬い
外国を打ち払え”という
尊王攘夷派となり、力を持っていきます。
 
●開国・・
開国し、積極亭に交易をおこない、
国家の防衛に不可欠な
海軍の充実を図りましょう。
 
●開国&通商・・
開国し、通商を行い軍事力を強化しよう。
 
↑この幕府や大名の動きをまず把握するのが、
幕末を知るうえで重要!ということでした。
いやはやありがたい。
 
このうち、平野国臣さんは尊王攘夷派。
もと福岡藩士で、京都で
尊王攘夷運動に走りましたが捕らえられました。
その後、元治元年(1864年)、蛤御門の変の際、
戦火に乗じて逃走しないように・・
ということで、
六角獄舎にて、斬首されたそうです。
享年37歳。同い年。
 
やがて明治10年(1877年)、
西大路太子道あたりにあった西ノ京刑場跡から、
姓名が朱書きされた
瓦の欠片と多数の白骨が発見され、
調査の結果、この白骨が六角獄舎で斬首された
平野国臣さん以下、
37名の勤王志士の遺骨であることがわかり、
改めて、竹林寺に埋葬されたということです。

posted by 涌井慎 at 14:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

京都の名所旧跡ご紹介70 法輪寺

835E22CE-FB50-485E-A125-C71AA2CBF0D1.jpg

下立売御前西入ルにある
臨済宗妙心寺派のお寺です。
見ての通り、境内はダルマだらけ。

三国随一といわれる
“起き上がりダルマ”をはじめ、
心願成就を祈って奉納された
8000体を越えるダルマさんが
ダルマ堂に祀られていることから、
「ダルマ寺」と呼ばれています。
 
この世に生を受け37年。
37年のうちに見た
ダルマの数を1日で越えたよね。
このダルマたちを相手に
ダルマさんが転んだをしたい。
 
「ダルマ寺」は江戸時代、享保12年(1727年)、
萬海和尚さんが創立したといわれています。
ダルマさんに目がいきがちですが、
等身大の寝釈迦木像や十六羅漢木像など、
見どころはいろいろあります。
 
本堂には日本の映画関係者数百人を祀る
「貴寧麿殿」や、
島津製作所の創業者、
島津源蔵さんとその奥様の念持仏を祀る
「学神堂」があります。
※「貴寧麿殿」は「キネマでん」と読みます。

その本堂の南側には
“禅の悟りの境地”を示すとされる
「無尽庭」というお庭があります。
 
ダルマばかり見ていたらもったいない。
もう一度、お参りしてみるとしよう。

posted by 涌井慎 at 20:14 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする