2018年06月11日

NO.892 家族になろうよ

FAAC3858-3017-45A7-A91F-F51F1A9A8F7C.jpg

福山雅治さんの「家族になろうよ」といえば、
聴きどころはやはり、
「いつかお父さんみたいに〜」の
「お父さん」の部分の詰め込み具合です。

この詰め込み具合は
「I'ts Only Love」の
「抱きしめたいのさ」あたりにも
見られる傾向です。
昔から福山さんは
歌詞に思いを詰め込みたがるようです。

それはそれとして、
今日のお弁当は福山まさばるでした。
「は」に濁点つけるだけで、
こんなにイケメン感がなくなるとはな。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 15:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

京都暮らし遺産6 美容院のお姉さん

9855E141-45D2-4B41-BD71-C5A64CA985B2.jpg

確か堀川通りを
丸太町より少し北へ上がった筋を
西へ入ったところ。
ほそ〜〜い路地を入っていくと、
恭しさこのうえない女性が、
出迎えてくれたのでした。

常連さんにこんなに頭を下げ、
そのうえ、自分を卑下するかのような
そういう卑屈な表情はなく、
とても品があり、
サービスに自信を持っておられるのが
読み取れます。

幸せそうや。
いい仕事してくれそう。
この表情に生きるヒントがある気がした。


posted by 涌井慎 at 12:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

京都の名所旧跡ご紹介145 藤森神社

5E1CF52C-B1F8-4024-AF72-4F9F9CE58D46.jpg

JR藤森駅から
歩いて5分ほどのところにあります。
1800年ほど前、神功皇后によって
創建された皇室ともゆかりの深い神社です。
神功皇后は軍旗を建てて、兵具を納め、
塚を造って神様を
お祀りしたと伝えられています。

平安遷都の行った桓武天皇も、
遷都の際、弓兵政所としました。
政所は政務や事務をするところなので、
弓兵政所というのは まぁ、
何かしら戦に関することを
司るところだったのでしょう。
知らんけど。

「菖蒲の節句発祥の神社」としても
知られていて、
毎年5月5日の藤森祭は
「菖蒲の節句発祥の祭り」といわれています。
当日は朝から神輿3基が巡行して
武者行列が練り歩きます。
武者人形を飾る風習は
この行事に由来するそうです。

菖蒲は尚武、勝負につながるため、
現在は「勝ち運を呼ぶ神様」とされていて、
なかでも、藤森祭で奉納される
駈馬神事が馬の神事であることから、
馬主さんや騎手さん、
競馬ファンの皆さんからも
親しまれているそうです。

つまり、
裏切られてる人も多いんでしょうねぇ・・。

posted by 涌井慎 at 17:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

NO.891 爆発力のあるお弁当でした。

C8D228CC-EF30-43E8-912D-45B639B6A208.jpg

ドラゴンクエストを知らんかったら
わからんと思いますけどね。

イオ系最強の呪文「イオナズン」と思いきや
青菜の「アオナズン」です。
ひょっとすると「イ」より威力あるかも。

美味しさ大爆発でした。

posted by 涌井慎 at 13:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

京都の暮らし遺産5 街の古本屋さん

38D803D0-4A79-4CF2-8172-6D9FB5E1B02B.jpg

ひょっとしたら、
1バス停につき1店くらい、
あるんじゃないかというくらい、
京都には古本屋さんがあります。

多くの場合、店先に
廉価な本を陳列していますが、
その無防備さときたら。

一塁ランナー赤星にも関わらず、
振りかぶって投げるみたいな。
とにかく、どうぞ盗んでくださいと
言わんばかりなのですが、
不思議と盗難事件とは無縁のようです。

例えば「傘」ならば、
完全にアウトだと思う。
「自転車」も無理でしょう。
振りかぶって投げたほうが
非難されるのも仕方がない。

しかし、古本に関しては違うのです。
厳密にいうと、「廉価な古本」。
無防備で置いておいたところで、
盗まれる心配はまず、ないものであり、
仮に「喉から手が出るくらい欲しい」と
思う人間がいたとして、
「その値段なら
悪事に手を染めるまでもない」と
納得しつつ、購入するのではないかしら。

知らんけど。

一般的にはまず、盗まれる心配はない。
けれど、たま〜に
「振りかぶるんなら走るで?」
と誘惑に負けがちになっちゃうんやけど、
「どうせホームランやし、
わざわざ危険を犯してまで、
盗塁せんでもええか」と思い直して、
打ったら、やっぱりホームラン!!

そんな「当たり」が多いのも、
古本屋さんのもつ特殊性です。

まぁ、なんにせよ、
そういう際どいバランスの上に立つ、
無防備な古本屋さんが私は大好きなのです。



posted by 涌井慎 at 15:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

NO.890 飛鳥といえば。

D829A658-61E4-425F-B0F8-CF4D1D3ECACF.jpg

飛鳥といえば、
飛鳥時代、もしくはChageの相方を
思い浮かべるのが一般的な発想でしたが、
近頃はここに、
ケンブリッジさんが台頭してきました。

ケンブリッジといえば「大学」でしたが、
こちらにも飛鳥が頭角をあらわしてきました。

そんななか、
我が家のお弁当は
コンブリッジでした。
ただそれだけのお話。

posted by 涌井慎 at 16:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

NO.889 大学1年の頃、俺の体重は56キロやった

7AED55BD-8396-4A21-BC3B-3F7A4A941064.jpg

俺がこの人生で肥満度なんて
気にすることになると思わんかった。
子供たちからは
完全にデブ扱いされてる。

この俺がデブ扱いされるとはな。

なんか、
最初、強敵として出現し、
やがてザコ中のザコに成り果てた
ヤムチャの気持ちがよくわかる。

ヤムチャと仲良くしたい。

あ、ちなみにお弁当は
肥ー満度じゃなくてピーマン度。

posted by 涌井慎 at 15:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする