2017年09月15日

NO.777。キノコならいくらでも。

3E32212E-439A-427B-AAFE-43E594F7F6FC.jpg

火の粉はイヤですけど、
キノコならいくらでも
降りかかってきなさい。

いや、
程度もんかな。。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 12:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

三条御池。

72120F64-A055-4E23-A9DA-88C76D0B867A.jpg

京都の街は通りが「碁盤の目状」になっていて、
縦の通りと横の通りが交わる交差点は
例えば、
縦「烏丸通り」横「四条通り」で「四条烏丸」。
縦「烏丸通り」横「丸太町通り」で
「烏丸丸太町」などとなります。

余談ですが、
「烏丸丸太町」は
「からすまるまるふとるまち」と
呼ばれるという笑い話がありますが、
正しくは「からすままるたまち」です。

では写真は
縦「御池通り」横「三条通り」なのか?
といいますと、違うんです。

「御池通り」も「三条通り」も
横の通りなのに横同士で
交わる場所があるんです。
いつ見ても違和感を覚えます。

もう「違和感」という意味で
「三条御池」を使ってほしいくらい。
ダルビッシュ有投手、
右肩の三条御池で登録抹消。みたいな。


通るたびに、ついつい写真を撮ってしまう。


こんなところにも、
京都の面白さがあるんですねぇ。

posted by 涌井慎 at 17:40 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

NO.776。なるべく傷つけたくない。

6940ADF7-857E-425C-B0CC-2C1E250361E3.jpg

人のものも、
自分のものも傷つけたくありません。

他人の自尊心なんぞ、
なんとも思っていない方も
なかにはおられますけれど、
結局、自分で自分の首を
締めているんじゃなかろうか。
知らんけど。


自分の自尊心を大切にするのであれば、
他人の自尊心も大切にしなければ。


「我」の強い人が多すぎます。
オレオレ詐欺ならぬ、
オレオレ主義です。

年を重ねると人って
ある程度オレオレ主義になりがち。
それは自分の生きてきた道を
信じているからだと思っていましたが、
実は、ひょっとすると、
誰かに認めてもらわないと
不安だから、
オレはここにいるよと、
執拗にアピールしているのではないか。


そんなことを考えながら、
食べたわけではないけれど。


自尊心なんてめんどくさいので、
シソン心くらいがいいです。
大変美味しゅうございました。

posted by 涌井慎 at 12:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

NO.775。アマゾンプライム。

321184B2-05EA-42F9-95CA-884259BA53CC.jpg

先月くらいから、
我が家もお世話になりっぱなし。
アマゾンプライム。

あれだけのコンテンツを
無料で見放題で
youtubeとかも見られるわけですから、
そりゃあ、みんなテレビを
見なくなるわけですよね。

そんななかで、
ラジオの在り方って?
っていうのを私は
考えていかねばならんわけですが、
どうすればいいんでしょうね。

とりあえず、
「実は面白い」ということを
もっともっといろんな人に
知ってもらわないといけませんよね。

面白くないものを面白いと思わせるのではなく
面白いものを知ってもらうように
するわけですから、
可能性はあるんですよね。

その可能性を
まずは私どもが信じて信じて
信じ抜くことからでしょうかね。
がんばります。


ちなみに梅は「プラム」なので、
アマゾンプラムですね。

posted by 涌井慎 at 13:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

NO.774。携帯に電車見たい。

536F911F-1FB8-46ED-B95D-3AECFB7D7411.jpg
3歳の次男はまだ言葉がおぼつかなく、
助詞は間違えがち。

youtubeで電車を見たいときは
携帯「で」ではなく、
携帯「に」電車見たい。といいます。

「電車」というのは
「きかんしゃトーマス」のことです。
最初はトーマスのお話を見ていたのですが、
最近は「おもちゃんねるん」という
ユーチューバーの番組がお気に入りです。

私たちが子供の頃、
テレビに夢中になったように、
子供たちはyoutubeに夢中です。
おそらく、
ユーチューバーの皆さんが
思っている以上に、
皆さんの影響力は大きいのです。

全うに面白いことを
発信し続けてほしいものです。

その点、
ヒカキンさんと
このおもちゃんねるんは
安心できます。
人気なのにはワケがある。
尖ってりゃ、
いいってもんじゃありません。

今日のお弁当なんて見てください。
「おもちゃんねるん」ではなく、
「かぼちゃんねるん」です。
鋭さなんてないんです。
それでも私は好きなんです。

無理に尖らず、
等身大で面白いことを
作っていけばよいのです。


あれ、
何の話やったかいな。

posted by 涌井慎 at 17:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

京都の名所旧跡ご紹介35 瑞雲院

8A7955E9-FDC6-4FF5-BF33-47E01BB956F8.jpg

下京区にも同じ名前のお寺がありますが、
コチラは西陣にあるお寺です。
千本上立売にあります。
 
インターネットで「瑞雲院」だけで検索しても、
下京区のほうしか出てこないのですが、
「瑞雲院 西陣」で検索すると、
コチラのお寺に関する情報がヒットします。
 
ウィキペディアにも
掲載されないようなお寺ですが、
それでも、このお寺について
調査されている方がおられまして、
立命館大学文学部の教授さんらによる
論文が見つかりました。
 
〜京都西陣の瑞雲院にみる
「享保の大火」からの本堂再建〜
 
↑論文のテーマです。
ピンポイントで検索しないと
絶対にヒットしない。
インターネットは 
なんとなくで眺めているだけだと、
自分に都合のいい情報しか入ってきません。
改めて、ネットと付き合うには
「確固たる意志」が必要だと感じました。
 
さて、お寺が創建されたのは文禄3年(1594年)、
見たことはないのですが、
ご本尊の阿弥陀如来像は
有髪(髪を剃っていない)のあどけない
児如来(ちごにょらい)で、
江戸時代には既に有名だったようです。
 
「京羽二重」
(江戸時代の観光案内書のようなもの)には、
「名弥陀」
(名のある阿弥陀様ってことでしょうか)
の一つとして、紹介されているようです。
 
本堂は享保15年(1730年)、
「享保の大火(西陣焼け)」で被災して
再建されたもの。
その後、天明8年(1788年)、
「天明の大火」では、
京都市街の大半が被災したにも関わらず、
被災を免れています。

posted by 涌井慎 at 18:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

京都の名所旧跡ご紹介34 善福寺

0E3D2813-3FDF-4D03-96F8-707358791A20.jpg

千本出水にあるお寺です。
コチラには如意輪観世音座像が
安置されています。
 
あ〜〜んちっ!!
 
この如意輪観世音座像は
平安時代に作られたもの。
寛永5年(1628年)、
丹後国与謝(いまでいう宮津市付近)の海中から、
光を放って現れた
2体のうちの1体と伝えられています。
 
ちょっと待ちなさい。
寛永5年といえば江戸時代。
江戸時代に海中から現れたのに
平安時代作とな・・。
いつ海中に放られたのでしょうか・・。
謎が謎を呼びます。
そのあたりは とりあえず置いておいて。
いや、安置しておいて。
 
あ〜〜んちっ!!
 
この如意輪観世音座像は 
現存する如意輪観世音菩薩としては、
国内5本の指に入る貴重な仏様なんだそうです。
 
「如意輪」というのは
如意宝珠と輪宝という
二つの言葉を合わせたもの。
如意宝珠は 思いのままに願いが叶う
宝の玉のことです。

輪宝は 「法輪」・・
つまり、お釈迦様の教えの象徴なんだとか。
如意宝珠で人々に財産を与え、
そのいっぽうで、お釈迦様の教えによって、
人々の迷いを取り除く。
物心の両面にわたり、
救いをもたらすのが如意輪菩薩様なのです。

posted by 涌井慎 at 17:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする