2017年10月14日

京都の名所旧跡ご紹介46。拾得

582C5972-82A4-4770-B3CB-AB28DB1AF5AB.jpg

Coffee House拾得は
歴史深いライブハウスでありながら、
捨得と表記されたり、
「じっとく」なのに
「じゅっとく」と呼ばれたりします。
 
いまはわかりませんが、
私が大学生だった頃は、
「初めて学外でライブをする場所」といえば
「拾得」でした。
当時、「ザ☆マジシャンズ」という
バンドをしていて、
デモテープを送り、出演させていただきました。
いま思えば、なんと贅沢な話でしょうか。
 
基本的には2マンライブの形式で、
もう覚えていませんが、
いろんなバンドと対バンしました。
いわゆる“大御所”的な方々と
ご一緒させていただいたこともあるはずです。
いろんなバンドの皆さんと出番前に
2階の控室で話をするのも楽しかった。
あの時間をもっともっと
大切にしておけばよかった。
 
自主企画のライブイベントも
させていただいたし、
片山ブレイカーズの企画イベントに
バンドとして出演させていただいたり、
司会としてステージに上がらせていただいたり。

片山ブレイカーズ企画では、
片山ブレイカーズ、騒音寺、
ザ☆マジシャンズの3マンのはずが、
ちょっとした手違いで、
和歌山の「ビターテイスト」というバンドも
入ることになった。

ビターテイストの曲のなかで、
「これがセックス!」と歌う曲があり、
この場に書くのを憚られる歌詞だったのを
覚えている。
 
出演しても、お客として見に行っても、
ほとんどの場合は酔いつぶれた。
私以外にも、いろんな人が酔いつぶれた。
電気ブランは3杯めで記憶がなくなった。
宮一敬さんの「ちょんまげ」を
初めて見たのも拾得だった。
 
先日、久しぶりに当時、
住んでいた金閣寺のあたりから、
拾得までの道のりを自転車で走ってみた。
もう10年以上経つのに
足しげく通った拾得への道を走っていると、
当時のことが、どんどんフラッシュバックした。

しかし、その道は拾得へ向かう道ではなかった。
記憶などいい加減なものだ。
仕方あるまい。
あの時の記憶は
全て電気ブランに飛ばされている。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 20:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

NO.793。成功する

EC0E46F8-1764-4612-8613-EABBD3015BE1.jpg

まさか、
おかずそのものではなく、
かけてあるソースで
ダジャレを作るとは。

その試み、大成功です。
功を奏しましたよ。
功を奏す。
功をソース。

posted by 涌井慎 at 19:36 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

京都の名所旧跡ご紹介45 大政所御旅所

F0CF9CA2-60BA-40BF-8B73-D6F458537ACA.jpg

烏丸仏光寺にある
小さな小さなお社です。
 
コチラは祇園祭の神輿渡御の際、
3基のお神輿のうち、
素戔嗚尊を祀る「大政所神輿」と
八柱御子神を祀る「八王子神輿」の2基が
置かれる場所だったそうです。

残る1基、櫛稲田姫命を祀る「少将井神輿」は、
烏丸竹屋町の御旅所に置かれていましたが、
天正19年(1591年)、豊臣秀吉により、
四条寺町にある現在の御旅所に
移築・統合されました。
 
さて、どうしてこの地が
もともと御旅所となっていたか?といいますと、
円融天皇の時代(969年〜984年)、
この地に住んでいた秦助正さんが、
夢の中で八坂大神のお告げを受け、
さらに、にわかには信じられない話ですが、
助正さんの自宅のお庭から八坂神社まで、
蜘蛛が糸を引いているのを見て、
朝廷にこのことを申し上げた結果、
御旅所になったといいます。
 
のちに天文5年(1536年)に騒乱のため、焼失。
焼失後は町の人々が小さな祠を建てて、
八坂大神をお祀りしました。
いまでも神輿渡御の際は お神輿が立ち寄り、
神職さんが拝礼するそうです。

posted by 涌井慎 at 21:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする