2018年02月16日

NO.837。 乗ったことないわ。

9D7EBF30-0B16-4DF3-8164-445AD3DF3441.jpg

都電荒川線に乗る前に
おでん荒川線を食べることになるとはな。

人生は何がどう転がるか、
わからないものだ。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 14:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

京都の名所旧跡ご紹介105 錦天満宮

DB0FC893-F64D-48E7-9AA3-150F002EBD39.jpg

新京極四条上ルにある錦天満宮。
11世紀初め、菅原道真さんの父親、
是善さんの旧宅「菅原院」に創建されました。
 
道真さんがお亡くなりになった後、
嵯峨天皇の皇子で
「光源氏」のモデルともいわれる
源融さんの旧邸「六条河原院」に場所を移し、
「歓喜寺」というお寺の鎮守社として、
「天満大自在天神」を祀ったのが
始まりといわれています。
 
やがて、桃山時代、天正年間に行われた
豊臣秀吉さんの都市計画によって、
「金蓮寺」の敷地に移転。
以後、400年余り、「錦天満宮」として、
現在の場所に鎮座しています。
 
いまでは繁華街、新京極にある多くの提灯と、
壁に突き刺さった鳥居が目印。
鳥居は昭和10年に作られたもので、
鳥居が作られた当初、
この道は錦天満宮の参道で、
道幅も広かったそうですが、
後に鳥居の両側の土地が売られてしまい、
そこに建物が建てられたため、
鳥居の上の長い部分が建物に
突き刺さる形になってしまったそうです。
 
土地の「境界」でもめなかったのでしょうか。
土地家屋調査士さんに聞いてみたいですね。
 
道真さんを祀るところには
だいたい牛さんがおられます。
(実物ではなく牛の像ね)
天神さんの神の使いだからです。
「撫で牛」と呼ばれていて、
牛さんの頭を撫でたあと、
自分の頭を撫でると
学力が向上するといわれています。
ほかの部分も撫でると、
その部分がよくなるかもしれません。
 
ほかにも名水「錦の水」があったり、
ロボット紙芝居があったり・・
見どころの多い面白い神社です。

posted by 涌井慎 at 16:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

NO.836 カブスやね。

58A2525F-F045-4E9C-A0DE-7E7E7885CC91.jpg

頑張れカルビッシュ。

かなりストレートなダジャレ。
それでいて鋭い変化球のようでもある。
切れ味ダルビッシュ級のダジャレ弁当やな。


posted by 涌井慎 at 22:18 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする