2017年07月16日

京都の名所旧跡ご紹介10。武信稲荷神社。

67EFDFCA-58AB-44CF-9726-1CBDF3451BFB.jpg

祇園祭真っ只中なのに、
関係ない神社でごめんなさい。
そして、
お弁当のブログに
そもそも、関係のない記事でごめんなさい。

さて、
右大臣の藤原良相さんが、
「延命院」という一族の療養施設を建てまして、
その守り神として創建されたのがコチラ、
「武信稲荷神社」です。

すごく説明しにくいんですが、
ざっくり言うと
三条会商店街の西友の辺りを
南に下がったところにあります。

後に藤原武信さんという方が
厚く信仰したことから、
その名が付いたといわれています。
 
漢字の第一印象で
武田信玄を思い浮かべがちですが、
なんの関係もありません。
有名な歴史上の人物ですと、
信玄さんより、坂本龍馬さんに縁があります。
 
江戸時代末期、龍馬さんは追手から逃れるため、
妻のおりょうと
離れ離れの日々を送っていましたが、
そんなとき、龍馬さんは
二人の想い出の場所である
この神社にそびえ立つ、大きなエノキに
「龍」の字を彫りました。
 
「おう、わいや。龍馬や。
これで、べっぴんの嫁のおりょうも、
わいがここに来たことがわかるやろ?」
↑土佐弁に自信がないので
番長日記風にしてみました。
 
そうして二人は晴れて再会を果たしたのでした。
そんなわけで「武信稲荷神社」には、
縁結びの御利益を求めて
参拝される方も多いそうです。
 
さて、では「武信稲荷神社」が
なぜに二人の想い出の場所なのか?
当時、神社の前には獄舎がありまして、
おりょうのお父さんが捕らえられていました。

お父さんは勤王の志士たちを支援したため、
安政の大獄で捕まっていたんです。

おりょうはお父さんを心配して、
恋人の龍馬さんと共に、
面会に向かうのですが、果たせず、
やむなく、高いエノキに上って、
木の上から安否を確かめたんだとか。
 
しかしながら、二人の出会いは
おりょうのお父さんが
亡くなった後だったという説もあり、
真偽は不明です。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 16:08 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この神社行った事あります。
最近ですと、醍醐寺での花見の帰りに立ち寄りました。
(二条駅近くの天下一品で昼メシ食ったので、このあたりをブラブラしたと言う訳です)
そうしたら、境内に折れたご神木を使った龍のオブジェ(チェーンソーアート)がありました。
これは一見の価値ありですよ。

あと、この神社の近くに「トロン温泉 稲荷」という銭湯がございます。
こちらへもぜひお立ち寄りください。
Posted by 独眼竜菊正宗 at 2017年07月16日 18:36
独眼竜菊正宗さん、ありがとうございます。

トロン温泉稲荷、近くなのに行ったことありません。
今度行ってみます。
Posted by 涌井慎 at 2017年07月21日 14:30
ありがとうございます。

ちなみに私は「トロン温泉 稲荷」を知ってからこの神社を知ったという
まさに本末転倒な結果になりました。

なぜ「トロン温泉 稲荷」を知ったのかと言いますと、
十数年前に腰椎椎間板ヘルニアを患って3週間ほど入院しまして、(手術はせずにブロック注射をしました)
退院後はしばらく軽いリハビリ(骨盤牽引と軽いマッサージ)をしたのですが、
土日祝日はリハビリが出来ないので、銭湯のジェット風呂でマッサージ代わり見たいな事をしたんです。
そのうちに各地の銭湯を行くようになって、たまたまこの銭湯を見つけた次第でございます。

京都の銭湯って独特で良いですよね。
Posted by 独眼竜菊正宗 at 2017年07月21日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: