2017年01月29日

竹田の本格四川料理「味苑」。

804A2B20-E1BF-4327-8841-C2733009B9AE.jpg

お弁当がないときは
必然、外食になるわけで。

中国四川のあたりは
曇りがちでほとんど
晴れ間が出ることがありません。
このため、辛い料理を食べ、
発汗を促す必要があったことから、
「四川料理」が生まれた。
という話を思い出せるお店です。

竹田駅から歩いて5分くらい。
こんなところに
本格的な四川料理を味わえるお店があるとは。。
「味苑」さん。

麻婆豆腐定食を完食したら、
じんわり体中から汗が溢れでます。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 13:56 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそうな麻婆豆腐だ…♪

四川料理を日本に広め、日本人好みにアレンジしたのが鉄人・陳建一の父親、陳建民ですよね。
元々四川のあたりは内陸部になるので、海鮮系のメニューがほとんど無いのが普通(干焼蝦仁=海老チリはあったみたい)ですが…最近は冷凍技術と輸送の発達で海鮮系のメニューもできてるみたいです。
Posted by チョコミルクのパパ at 2017年01月29日 18:56
チョコミルクのパパさん、ありがとうございます。
味苑さん、美味しいですので、
ぜひ行ってブログで紹介してあげてください。
Posted by 涌井慎 at 2017年03月08日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: