2017年08月09日

NO.759。忠告の言葉は聞き入れにくい

378A0396-B886-460E-A1DF-59E6C9B3131E.jpg

忠言耳に逆らう。
こんな言葉を覚えられるのも
ダジャレ弁当のおかげです。

「忠告」ってのは
基本的には耳が痛い話なので、
なかなか聞き入れられないものですね。

オッさんになればなるほど、
そうなっていく気がします。

人に意見を行ってもらえる
「のりしろ」みたいな部分が、
年を重ねるほどに
必要になってくるように思う。

誰も何も言ってこなくなったとき、
どれだけ客観的な視点で
己を見ることができるか。
とても大切なことですね。

「忠言」と「インゲン」のダジャレは
かなり無理矢理だったよと、
私も妻に忠告しようと思う。
たぶん、受け入れてくれるだろう。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 17:21 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする