2017年08月11日

NO.760。だから何やねん。

D824A7E3-E964-486F-9DF5-7DB6D2DF0909.jpg

唐揚げラピー。

僕に一番合う唐揚げは何唐だろうか。
今度、唐揚げラピストに診断してもらおう。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 13:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

京都の名所旧跡ご紹介20 六道珍皇寺

17F7CF08-4B66-47B8-8F91-4A7DE1F31A4E.jpg

木曜日はお弁当がないので、
京都の名所旧跡をご案内します。
 
「六道さん」の名前でも親しまれている
「六道珍皇寺」は建仁寺の塔頭寺院です。

このあたりは かつて、
鳥辺野へ死者を葬送するための場所だったため、
「この世とあの世の境」とされていました。

「六道」とは「地獄道」「餓鬼道」
「畜生道」「修羅道」「人道」「天道」のこと。
人は因果応報によって、
死後はこの六道を輪廻転生するといいます。
 
本堂の裏にある井戸は、
昼は嵯峨天皇に仕え、
夜は閻魔大王に出仕したという小野篁さんが
閻魔さんの元へ通った入口だったそうです。
篁さんは いつ寝ていたのでしょうか。。
 
8月7日から10日までは
毎年、「六道まいり」が行われています。
ご先祖様の精霊をこの世に呼び戻すため、
「迎え鐘」を撞く参拝者の方で賑わいます。
 
「六道まいり」には作法があります。
●境内参道で「高野槙」を買う。
●本堂前で故人の戒名を水塔婆に書いてもらう。
●迎え鐘を撞く。
●本尊の薬師如来様にお参りをし、
ご先祖様の精霊が無事に
お家にお戻りになるようお願いをする。
●水塔婆を線香で浄める。
●境内にある「賽の河原」と呼ばれる場所で、
水塔婆を水向け用の桶に納めて、
高野槙の穂先で水塔婆を湿らせる
「水回向」を行う。
 
このあと、お参りから
帰ったあとの作法なんかもあるのですが、
私は この作法について読んで、
「じゃあ、いいや」となりました。

「信仰」ってそういうことなんだと思う。
ミーハーな気持ちで来るなよ・・と
言われているような気がしました。
青空の下、境内には 
参拝者の撞く迎え鐘の音が鳴り響いていました。
 
ちなみに8月7日〜8月10日といえば、
五条坂陶器まつりの期間と同じですが、
それもそのはず。
もともと陶器まつりは「六道まいり」に
全国から訪れる方たちに向けて、
五条坂の窯元の皆さんが、
普段なら販売できない焼き物を
リーズナブルに販売する
いわば「アウトレット陶器市」を
大正9年に行ったのが始まりです。

由来を知ると「六道さん」にも
お参りしたくなるものです。
「六道まいり」はしなかったけど。

posted by 涌井慎 at 16:11 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

NO.759。忠告の言葉は聞き入れにくい

378A0396-B886-460E-A1DF-59E6C9B3131E.jpg

忠言耳に逆らう。
こんな言葉を覚えられるのも
ダジャレ弁当のおかげです。

「忠告」ってのは
基本的には耳が痛い話なので、
なかなか聞き入れられないものですね。

オッさんになればなるほど、
そうなっていく気がします。

人に意見を行ってもらえる
「のりしろ」みたいな部分が、
年を重ねるほどに
必要になってくるように思う。

誰も何も言ってこなくなったとき、
どれだけ客観的な視点で
己を見ることができるか。
とても大切なことですね。

「忠言」と「インゲン」のダジャレは
かなり無理矢理だったよと、
私も妻に忠告しようと思う。
たぶん、受け入れてくれるだろう。

posted by 涌井慎 at 17:21 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする