2017年06月08日

京都錦市場「斗米庵」。

1516A661-12D6-4860-85B5-C21F62CD9AD4.jpg

錦市場に来年1月、新しく
「斗米庵」っていう施設がオープンします。
(とべいあん)

卸市場として賑わった錦市場本来の姿を
体感してもらいたいということで、
テーマは「市場文化の再生」とか。

料理人と一緒に錦で食材を仕入れ、
その仕入れた食材で
料理人が作った懐石料理を味わえるという
ツアーなんかも想定されているそうです。

施設自体は二階建てで、
和食レストランも設置されます。
メニューは全て錦の食材を使って、
祇園ささきのご主人が
オリジナルメニューを考案されます。

斗米庵というのは
錦ゆかりの絵師、伊藤若冲さんの別名。
若冲さんは晩年、
描いた絵を米一斗と交換してもらい、
生活していたらしい。

施設の模型を撮ったんやけど、
これやと何なんか、よくわかりませんね。
写真を撮るのも技がいる。
想いや事実でさえ、伝えるには技がいる。
市場文化も然りか。

完成したら、行ってみたいけど、
気軽に行けるような場所でもなさそうな。。



木曜日はお弁当がないんです。
ごめんなさいね。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 20:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする