2017年01月31日

NO.660 敵は本能寺にあり。

A08334B1-7AC8-4C27-9163-1AEEE696772A.jpg

本能寺ってのは
信長で有名な「本能寺の変」のほかにも、
それはそれは火災の多いお寺だったのです。

おもしろいのが、
昔の人はそれを「漢字」のせいにしたこと。
「能」って「ヒ」が二つもあるでしょ。
そりゃあ火災が多いわけだと。

そんなわけで、
いまは「本能寺」は
「能」の右側が「去」という字になっています。
「ヒ」が「去る」わけです。
こういうシャレのようなものが
まかり通っていて、
それが現代にも受け継がれているっていうのが
非常に興味深いのです。



本能寺の変のおかげで、
悪いイメージがつきまとう
明智光秀さんですが、
福知山や亀岡あたりでは
名君として人気が高いんです。
全国的にも評価が
長い時間をかけて、
見直されつつあります。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 15:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

NO.659。大阪弁?

A2182922-0E08-4C53-81F5-A964E80E2717.jpg

私は滋賀出身でして、
実はこの言葉、大学を卒業する頃まで
知らなかったんですが、
例えば、
小学6年生5人、1年生1人で鬼ごっこをする
という場合、
完全に身体能力的に不利になる
1年生の子を特別扱いすることです。

○○ちゃんは「ゴマメ」なぁ。
とか、そんな使い方ですよね。
ゴルフのハンデとかと考え方は同じでしょうか。
優しい言葉ですよね。
捉えようによっては差別??


私は「優しさ」であると捉えたい。
そして、そんな世の中がいい。

posted by 涌井慎 at 17:16 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

竹田の本格四川料理「味苑」。

804A2B20-E1BF-4327-8841-C2733009B9AE.jpg

お弁当がないときは
必然、外食になるわけで。

中国四川のあたりは
曇りがちでほとんど
晴れ間が出ることがありません。
このため、辛い料理を食べ、
発汗を促す必要があったことから、
「四川料理」が生まれた。
という話を思い出せるお店です。

竹田駅から歩いて5分くらい。
こんなところに
本格的な四川料理を味わえるお店があるとは。。
「味苑」さん。

麻婆豆腐定食を完食したら、
じんわり体中から汗が溢れでます。


posted by 涌井慎 at 13:56 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする