2016年12月17日

京都検定1級答え合わせ。

00105FAB-4937-44B9-8906-620CEEAF4A08.jpg

いつまで続くかわかりませんけど。
京都検定1級答え合わせ。
お弁当のないときは
京都のラジオ局で働く人間の端くれとして
京都のお話をできたらと思います。

2 問め。
現在の今出川通りにほぼ該当する道は
中世には何と呼ばれていたか。

今出川通りからほど近い
同志社大学で受験しながら
この問題が解けない悔しさ。。

やたらパン屋さんが多いとか、
冬は今出川を境に気温が下がるとか、
そんなことばかり思い出され、
肝心の答えなんぞ見当もつかない。

余談ですが、京都にパン屋さんが多いのは
西陣織の職人さんが、
忙しくても仕事の手を止めず、
片手で簡単に食べられるパンが
重宝されたからだと聞いたことがあります。
西陣もざっくりアバウトにいえば、
今出川を中心に南北って感じですもんね。
そりゃあパン屋さんが多いわけだ。

余談ついでに。
来年は「西陣織550年」。
例年以上に西陣織が注目を浴びそうです。
そういえば、
毎年京都には何かしらテーマがある。
今年は「若冲」、去年は「琳派」。
来年は「西陣織」で決まりですね。

で、
本題の解答ですが、
どうやら「北小路」のようです。
この北小路の北側に「今出川」という
川が流れていたため、
江戸期以降、今出川通りと
呼ばれるようになったそうです。

今出川通りをキーワードに
こんなにたくさんのことが
泉のように溢れてくる。
もっと覚えればもっと溢れてくる。
知識があると人生は潤うのだ。

私も潤いたいし、
私が潤うことで、
あなたをも潤わすことができたなら、
これ幸い。
その手段として「京都」がある。
正解は「北小路」でした。

※あくまで私的見解です。
「違うよ!」という意見あらば、
ぜひコメントくださいませ!

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 18:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする