2016年12月15日

京都検定1級答え合わせ。

1B023D4C-4C37-483B-A249-3E9F33F05F6E.jpg

木曜日はお弁当がありません。
申し訳ありませんが、
お弁当と全く関係ない話題を。。

というわけで。
いつまで続くかわかりませんけど。
先日受験してきた京都検定1級答え合わせ。

1 京都盆地西部の桂川流域に勢力をもち、
蛇塚古墳がその首長墓と推定される
渡来系氏族は何氏か。

これは「よく出る系」の問題です。
松尾大社の創建に関わった氏族として
有名ですよね。
(有名かどうかはわかりませんが、
少なくとも私はそこで初めて
存在を知りました)

面白いもので、
そんな大昔の氏族の名前が、
いまもなお、地名として残っていたりする。
そう、「太秦」です。
一説によると、
もともと違う漢字を当てていたのに、
この氏族が無理やり自分たちの漢字を
ねじ込んだなんてことも伝えられています。

いや、正確にいうと、
上記のようなニュアンスのことが
伝えられているんですが、
あくまでニュアンスでしか
捉えていない私が、
ある程度適当に書いたのが、
上記の文章です。
決して鵜呑みにせず、
ここを出発点として、
ご自分で調べてください。

先人たちはこんな時に便利な
「ググレカス」という言葉を残しています。

というわけで。
お弁当がないときは
こんなゆる〜いタッチで
京都検定1級の答え合わせを
続けていくやもしれません。
これからも、よろしくお願いします。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 21:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする