2016年12月04日

ロームシアター京都にて。

BD1DFA34-B613-427A-97BD-DF1A8029A630.jpg

本日はロームシアター京都2本立て。
ノースホールにて『墓穴』観劇から
メインホールにて
『岸田繁 交響曲第一番 初演』。

『墓穴』ではDJ谷口キヨコさんが
女優デビュー。
岸田さんは「初演」のタイトル通り、
クラシックデビュー。
はからずもデビューの現場を
連続で覗かせていただいた。
(谷口さんは公演二日目だったので、
厳密にはデビューではないのですが)

本人にしかわからないことですが、
どうなんでしょう。
お二人とも自分の人生において、
谷口さんは女優として舞台に上がることを
岸田さんはオーケストラに
曲を書き下ろし、その曲で
共演することを想像していたのでしょうか。

演劇について、
クラシックについて、
私はちゃんとした
感想が述べられるほどの人間ではないですが
一つの道をあくなき探究心で
邁進していると、
人生が自分の意志と関係のないところで、
思いがけず好転していくのでしょう。

そんな人として
生きるうえでの「理想」ともいえるカタチに
1日2回も立ち会えた今日という日を
自分にとっても転換期にせねば。


日曜日はお弁当がありませんので、
こんなところで失礼します。
観劇とクラシック鑑賞の間に
「京都モダンテラス」で食べた
味噌と黄粉のティラミスが
激しく美味しすぎて、
これまた私の舌の転換期になりました。


スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 19:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする