2016年12月03日

「確信か余裕がほしい」というお話です。

1D4DE50B-C170-4509-AE8D-238DA732CD69.jpg

「確信か余裕がほしい」というお話です。
(きかんしゃトーマス風)


宝ヶ池公園へ行く用事があり、
どうせなら、あの辺りでお昼ご飯を・・
と思ったのですが、
これがなかなか難しい。

まず目に付いたのは国際会館駅を出て
スグのところにある「王将」。
味はよく知っているし、
間違いないんですが、これがいけない。
何故、せっかく宝ヶ池まで来て、
よく味を知っているお店に
行かないといけないのだ。

というわけでスルー。
次はクレープとガレットのお店を見つけた。
う〜ん、お昼にクレープとガレットか。。
正直、ガレットって何か知らないし、
外観もなんとなく妖精っぽい雰囲気で、
36歳男性が一人では入りにくい。。
残念ながらパス。


しばらく歩くと、
今度はレストランがあった。
ここは事前に「宝ヶ池 おすすめ」で
検索したら出てきたお店なのですが、
店頭のメニュー表を見ると、
「1500円」くらいする。
しばらく考えこんだのですが、
「間違えたくない」という
思いが勝りました。


もし、美味しくなかったら、
1500円のダメージは重い、重すぎる。。
そんなことを考えていたら、
いつの間にか宝ヶ池を一周して、
最初の王将まで戻ってきてしまいました。


結局、何を食べることもなく、
帰ってしまいました。



「絶対に美味しい」という確信か、
「一回くらい間違えてもネタになるし、
ええか」くらいの余裕があれば、
私はもっと宝ヶ池周辺を
楽しめたのだろうなぁ。


というわけで、
帰ってきてから
地下鉄四条駅で買った
シズヤのペッパーカルネをいただきました。


「確信か余裕がほしい」というお話でした。






スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 16:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする