2016年12月01日

たまにはライブの感想なんぞ。

D87AC92A-C617-4347-BFBD-2AD55F9CB244.jpg

京都のラジオ局でも
大阪までライブを観にいくことがあるんです。
いや、大阪に限らず、
「ほんもの」を体感するのに場所がどことか、
関係ありませんよね。

というわけで。
今日は大阪城ホールで
ナオト・インティライミのライブを
観てきました。

インティライミは只者でありません。
歌は歌う、ギターは弾く、
ピアノは奏でる、リフティングする。
お芝居やダンスもしてしまう。

その才能のどれか一つといわずとも、
どれか一つのうちの数%を
僕にくださらなかった神様に
今日くらいは文句をいいたい。

あと、
ホールがとても似合うアーティストです。
おそらくドームで観たら、
ドームが似合うなぁと思うのでしょう。
舞台が大きくなればなるほど、
インティライミのライブは
パワーも大きくなっていく。
そんな気がしました。

小さなお子様連れのお父さんお母さんも
とても多くて、
あの家族たちは帰ってから
今日のライブのことを
微笑みあいながら振り返るのだろうと
思うと泣けてきました。

世の中を斜に構えて見る人が、
その視点が面白いのは、
まっすぐな人がいるからなんです。
インティライミのライブは
そのまっすぐ感がとても心地よく、
あ〜、こっち側の人がいるからこそ、
反対側にも陽が当たるのだなぁと。

なんとなく、
そんなことを感じた夜でした。

ナオト・インティライミさんっていうのも
なんか変な気がしたので、
あえて「さん付け」してません。

そして、
今日は木曜日なのでお弁当がありません。
お弁当と関係のない投稿を失礼しました。
それだけ楽しいライブやったんです。



スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 22:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする