2016年09月24日

阪急そば長岡天神店のチキンカレー丼セット。

DA305112-9FDA-4A00-9EB2-F69D09740C85.jpg

少し前、
くるり✖︎阪急電車コラボスタンプラリーのことを
紹介しましたが、
(詳しくは「くるり 阪急」で検索!)
長岡天神駅の最寄りは
阪急そば長岡天神店がスタンプ設置店に
なっていました。

くるりの岸田繁さんが、
阪急そばデビューしたお店が
この長岡天神店なんだそうです。
それだけで何か違う感じがするってのが
不思議です。

そうなんです。
人間は「味覚」だけで「味」を
判断していないんです。
話は逸れますが、
「聴覚」に関しても同じだと思います。

私と妻は松尾大社で挙式したのですが、
挙式前、待合室でショパンの「別れ」が
流れていたんです。
正直、「結婚式でなんで別れやねん」と
思ったのですが、これは
私が「別れ」という曲だと知っていたから
「なんで別れやねん!」となったわけで、
旋律を聴くだけでは
「なに不吉な曲をかけてるねん!」とは
思わなかったと思うんです。
反対にあの曲のタイトルが
「愛と祝福のバラード」だったりしたら、
「粋な計らいをありがとう!」と思うだろうし。

人間はそういう、「余計なもの」も含めて
いろいろ判断するものなのです。

阪急そば長岡天神店の
チキンカレー丼セットのことを
すっかり置き去りにしてしまいましたが。。

岸田繁さんの思い出の場所だというだけで、
ファンにとっては、
どんなスパイスや調味料より、
美味しさが増すのかもしれないし、
いわゆる「食レポ」ってのは、
美味しさだけをレポートしても、
無意味なんじゃないかと思うんです。

それよりも「食レポ」ってのは、
その「食レポ」自身が、
くるりの岸田繁さんのような存在に
なっていくことが大切なわけです。


ダジャレ弁当を楽しみにされていた皆さん、
土曜日はお弁当がないのです。
ごめんなさいね。
また新作がアップされるその日まで、
私の「余計な」投稿でガマンしてください。。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 22:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

NO.591。看護婦さんは呼べません。

904FD5EF-BBD1-4301-948C-FD87C0FE85C7.jpg

ナスコール。。

posted by 涌井慎 at 20:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

お弁当がないので京都カレー巡り。

1095DB62-AA4E-4C8F-8BDB-6309C41B7096.jpg

ヨロズ食堂のグリーンカレー970円。

三条会商店街のなかにある
カフェっぽい外観のお店です。
外観からは「ヨロズ食堂」という
名前のお店だとは思えません。
百歩譲って「カフェ・ドゥ・ヨロズ」。

しかしながらメニューはやはり、
ヨロズ食堂なのです。
色が赤黒い麻婆豆腐の定食があったり、
まぁ、ヨロズといいますか、
多国籍な感じですね。

カレーも日本的なやつではなく、
グリーンカレーです。
グリーンカレーってどうして、
あんな見た目なのに辛いんでしょうね。

童顔の女の子が
自分より年上だった時のような、
そのギャップに
やられてしまう感じがあります。

ヨロズ食堂のグリーンカレーも
例外ではなく、緑なのに辛い。。
あの赤黒い麻婆豆腐を食べたときよりも、
その辛さが舌に残るのは、
やはり「グリーン」だからだと思うんです。
色のイメージってそのくらい強い。

しかし、「ヨロズ食堂」はじめ、
私もこれまでの人生で、折に触れて
緑の辛いカレーを食べてきたから、
グリーンカレーを見て
「辛いかも」と構えるようになる日も
近いかもしれません。

ちなみに。
一応お断りしておきますが、
実際、「ヨロズ食堂」のグリーンカレーは
辛いのがお好きな方からすると、
おそらくそこまで辛くはないと思います。
思ってたより辛いから、
余計に辛く思えるといいますか。

つまり、
星野伸之のストレートが速く感じるのと
同じなわけです。
星野のストレート的カレー。
また食べにいきたい。


posted by 涌井慎 at 15:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする