2017年04月30日

乙訓寺の牡丹。

53641465-FE9A-4180-93A6-C1C422A4E381.jpg

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。
美人を褒め讃えた言葉にも、
芍薬、百合とともに名前を連ねる牡丹。

一説によると、
美しい女性が座っているような
趣があることから、
「座れば牡丹」と表現されているそうです。

そんな牡丹が、
長岡京市にある牡丹の名所「乙訓寺」では
いま、まさに見頃を迎えています。
花の王様とも呼ばれる艶やかな姿、
ぜひご覧になってみてください。

見頃は5月5日までくらいかしら?
とのことです。

お弁当がないので、
関係のないお花のことを紹介しています。
本来、世間的には
お弁当よりも数百倍、注目されているものです。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 15:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

長岡天満宮の霧島躑躅。

597C3E40-7D8A-4579-818D-6C3DF1BB8E4B.jpg

長岡天満宮で
キリシマツツジが見頃を迎えています。

樹高2.5mほど、
樹齢は推定130年前後。
長岡京市の天然記念物に指定されています。

真紅の花が鮮やかです。
魚へんに「ヒツジ」じゃなくて
「ツツジ」で「あざやか」と読ませたい。

漢字で書くと「霧島躑躅」。
花が密集している感じが
表されているような気もします。

今が一番の見頃とのこと。
見頃はあまり長く続かないそうなので、
お早めにお出かけください。

土曜はお弁当がありませんねん。
すみません。

posted by 涌井慎 at 16:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

NO.707。運転手。

CD5AC140-8869-45E8-A2F7-A936DD455344.jpg

鰹節ご飯、好きなんですよね。
猫まんまなんて言い方もありますが。
「おかか」ともいいますね。

身近な食べ物ほど、
表現の仕方が多いものです。

おかかえ運転手なんかがいる人生って
どんな感じなんでしょうね。
お金持ちだから、
それがイコール幸せではないのでしょう。

お金持ちにはお金持ちなりの生きにくさがあり、
貧しければ貧しいなりの楽しみがあるものだ。
なんだかんだで、
そんな風に回ってる世の中は悪くない。

そんな風な世の中が続きますように。

posted by 涌井慎 at 19:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

木曜日は「ますや」。

E8EC12AA-D618-4B6F-8AC0-6B41D174B448.jpg

安定のカツカレーをオーダー。
ちなみに。
木曜日は「ますや」ですが、
来週は大型連休に合わせて、
木曜日、お休みされます。

木曜日に行ってもオープンしていないので、
ご注意ください。

それにしても、
いつ食べても間違いなく美味しい。
そしてリーズナボー。
コストパフォーマンスって言葉は
きっと「ますや」のためにある。

posted by 涌井慎 at 22:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

NO.706。はぐれ刑事純情派。

E53673F6-F72C-4563-BE89-254506FF5E18.jpg

名優でした。藤田まことさん。
これはフリッターまことです。
無理矢理!!



posted by 涌井慎 at 21:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

NO.705。京都の地名。

AC4641A3-C6F1-4FE1-A21B-C4F55B54B8A4.jpg

立命館大学出身の方なら
おなじみの地名だと思います。
ここの串八が好きなんです。

北野白米町。
米じゃなくて梅ですけどね。

近くにある北野天満宮は
京都有数の梅の名所です。

posted by 涌井慎 at 18:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

NO.704。四字熟語シリーズ。

19E95D9E-3BD7-47DE-BF94-85BD6A44A390.jpg

大人に必要なスキルの一つ。
なかなか自分はできないわけですが。
生放送なんかでは、
けっこう求められるので大変です。
が、だからこそ面白くもある。

しかし、
エリンギ応変とは。。


posted by 涌井慎 at 16:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする