2017年08月20日

京都の名所旧跡ご紹介28 冠者殿社

311B4790-8F4C-4F1C-823B-9E2B79D93C84.jpg

昨日アップを忘れた分、
本日、二度目の投稿です。

京都の神社仏閣の歴史を調べていると、
次の3パターンのどれかに
当てはまるところが多い。
 
1「平安遷都の際〜」
2「応仁の乱で焼失」
3「豊臣秀吉の命により移転」
※2は「天明の大火」
「蛤御門の変」の場合も多い。

「冠者殿社」は「3」のパターンが出てきます。
 
「冠者殿社」は錦市場にある
豆乳ドーナツのお店みたいな名前ですが、
八坂神社の境外末社です。
ご祭神は八坂神社と同じ「素戔嗚尊」ですが、
コチラに祀られているのは「荒魂」です。
 
藤浪晋太郎を思わせる名前ですが、
この「荒魂」というのは
「和魂」の対となるもの。
「素戔嗚尊」の“おだやかサイド”が「和魂」、
“猛々しいサイド”が「荒魂」です。
「八坂神社」に限らず、どの神社でも、
本社に和魂、別の社殿に荒魂を
祀るところは多いそうです。
 
もともと烏丸高辻にあった
「八坂神社大政所御旅所」に
鎮座していましたが、
天正19年、豊臣秀吉の命により(出た!)、
御旅所が現在の場所に移された際、
現在の「官社殿町」に移され、
さらに慶長のはじめ、
現在の場所にやってきました。
明治45年の「四条通りの拡幅」に伴って、
少し南に下がっています。
 
そんな「冠者殿社」の年中行事といえば
10月20日の「誓文払い」。
商売上の駆け引きで契約を破ったり、
安い品物を高く売って
利益を得ることで感じる
「罪の意識」をお払いし、
商売ができていることに
感謝するためのお祭りです。

つまり、商売人としての「モラル」を
思い出させてくれる神事です。
お金にばかり目が向いていたら、
本質を忘れてしまいがちになります。
そういう人は残念ながら魅力的ではありません。
お金とではなく、
人との対話を楽しみたいものですね。
 
※ちなみにお隣は「四条御旅所」。
いまは 祇園祭「神幸祭」で
八坂神社から3基のお神輿がやってきています。
7月24日の「還幸祭」で
神社に“おかえり”になられます。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 20:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の名所旧跡ご紹介27 御金神社

E5D7AFD5-C5B7-4250-8327-7A2221A698D8.jpg

つい先日、
「毎日アップしないと気持ち悪い」
などと書いておきながら、
昨日アップし忘れたのは私です。

家族旅行in伊勢志摩が楽しすぎました。
 
さて、
それなりにお金を使いましたので、
金運アップの御利益に授かりたい。
というわけで、
西洞院押小路下ルにある「御金神社」です。
「おかね」じゃなくて「みかね」です。
 
ご祭神は 伊邪那岐(いざなぎ)、
伊邪那美(いざなみ)の皇子にあたる
金山毘古神(かねやまひこのかみ)と、
天照大神(あまてらすおおみかみ)、
月読神(つくよみ)。
 
このうち、金山毘古神が、
“金の類”を司る神様です。
明治16年に社殿が建立されて以来、
金神様(こんじんさま)として親しまれています。
 
割と勘違いされている方が多いのですが、
「金」=「MONEY」ではなく、
鉱山・鉱物の神様です。
鏡、刀剣、鋤や鍬など
あらゆる金属類の守り神で、
そのなかでも、通貨としても使用される
金、銀、銅など「お金」のことも
守ってくださる・・ということで、
近年は資産運用の神様として、
証券類、不動産などを扱う業者さんからも
崇められているとか。
ちなみに、金属類の守り神を祀っている神社は
国内唯一、
この「御金神社」だけだといわれています。
 
絵馬を眺めていると、
人の「業」のようなものを強く感じるのは
この「御金神社」と
悪縁切りの「安井金毘羅宮」が双璧ですね。
ストレートに「お金をください」なんて
書いていたりしますからね。
邪念という邪念が置いていかれるからこそ、
神社というのは 鳥居をくぐると
異様な「気」が流れるのでしょうか。
 
2年前の元日だったか。
四条烏丸からタクシーで
コチラへ初詣したのですが、
到着したら、そこには
ビックリするくらいの長蛇の列。
その行列を見て運転手さんが
「金の亡者どもですわ」と言ったのが、
忘れられません。
その金の亡者どもの最後尾に
並ぼうとする私たちに対して!
 
ちなみに私、この初詣の際、「福財布」を購入。
境内に落ちてた
「金運アップ」の御利益があるとされる
イチョウの葉っぱをこの財布に入れております。
いまのところ、ご利益にはあやかれていない。

posted by 涌井慎 at 13:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

京都の名所旧跡ご紹介26 西福寺。

ADF5A52E-4A00-4627-A98F-F8C8ED1C45BD.jpg

本日より、
夏季休暇をいただきましたため、
私、職場に行きません。
つまり、お弁当もありません。

家族でスペイン村に来ておりますが、
いつものように
お弁当のない日は
京都の名所旧跡をご案内します。

「京都 西福寺」で検索すると、
「京都府周辺の西福寺に関する情報」で、
9つも「西福寺」が出てきます。
今回ご紹介するのは
二条城近くにある「西福寺」です。
暇があれば「西福寺巡り」したいな。
 
門の近くには
「豊臣秀吉妙顕寺城跡」の石碑があります。
このあたりは 
秀吉さんの妙顕寺城があったようです。
妙顕寺というのは 鎌倉時代後期、
日像さんが、はじめて京都に建立した
日蓮宗のお寺です。
たびたび移転していますが、
戦国時代にはこのあたりにありました。
 
のちに、秀吉さんは妙顕寺を
小川寺之内に移転させたあと、
コチラにお屋敷を建て、聚楽第を造るまで、
京都の政庁としました。
周囲に堀をめぐらし、天主があったそうなので、
お屋敷というよりは
「城」と呼ぶほうがふさわしいかもしれません。

秀吉さんが天下を握ってゆくまでの
重要な政治的拠点でした。
お城があったなんて
想像もつかない街並みですが、
西福寺のあるあたりが「古城町」というのは
名残と思われます。
 
さて、さらに時代は遡り、
平安時代から鎌倉時代初期にかけて、
西洞院通り、押小路通り、
油小路通り、二条通りに囲まれた地域は、
藤原家の邸宅がありました。
当初は藤原冬嗣さんの邸宅でしたが、
11世紀初期、藤原公季さんが受け継いでから、
「閑院」と呼ばれるようになりました。
 
高倉天皇の時代には 
大内裏が甚だしく荒廃したため、
この閑院邸が、
里内裏(臨時に設けられる皇居)として利用され、
その後も9代90年余りの間、
里内裏となっていましたが、
1259年に火災で焼失したそうです。
 
藤原氏が邸宅を構え、歴代天皇が里内裏とし、
のちには豊臣秀吉が政治的拠点としたという、
そんな場所が江戸幕府の盛衰を見守り続けた
二条城の片隅にひっそりと、
いまはお寺になっているなんて。
 
盛者必衰、驕れる者は久しからず。
しかし、庶民感覚でいうと、
必衰でも久しからずでもいいから
一度くらい盛者になりたいやね。

posted by 涌井慎 at 16:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

京都の名所旧跡ご紹介25 高松神明神社

5533ACCA-2AB9-42BD-BCA4-6F28AC67CD23.jpg

木曜日はお弁当がありません。
なので、どこに需要があるか、
わかりませんが、
京都の名所旧跡をご紹介します。

高松神明神社は
 姉小路釜座東入ルにある小さな神社です。
コチラには 醍醐天皇の皇子、
源高明さんの邸宅がありました。

この場所に住んでいた
高明さんの娘の明子さんは
「高松殿」と呼ばれていて、
のちに藤原道長さんの室(妻)になりました。
 
やがて邸宅は 火災に遭い、焼失しますが、
1146年(久安2年)、鳥羽上皇の命により新造。
1155年(久寿2年)には後白河天皇が
コチラで即位して、
1157年(保元2年)まで内裏となりました。
「高松内裏」と呼ばれていたそうです。
 
「保元の乱」の際には
後白河天皇の本拠地となり、
当時、後白河天皇一派だった
源義朝さんや平清盛さんたちの軍勢が、
コチラに集まり、
崇徳上皇一派のもとへ攻め込みました。

ちなみに、戦国時代とか幕末に比べると、
人気のない時代の話ですが、
この「保元の乱」がきっかけとなり、
武士たちが力を付け、
その後の武家社会へと
繋がっていったといわれています。
「高松神明神社」は この邸宅の鎮守社として
祀られていた神社です。
 
境内には あの真田幸村さんが信仰していた
お地蔵様が祀られています。
紀州九度山の真田庵にあった
お地蔵様をいただいたんだそうです。
幸村さんが とても賢いと評判だったことから、
このお地蔵様の正面にある石をさすって、
子供の頭をなでなですると、
知恵を授かるといわれています。
 
この手の話は  
いろんなところに残されていますが、
有名なところほど、
ご利益にあやかれない人も
多いわけじゃありませんか。
それなのに長年、信じられ続けるというのは、
要は 「叶うか叶わないか」は「二の次」で、
「お参りすること」が
目的になってしまっているのでしょうね。

受験生が赤本を買うだけで
勉強をした気になっているアレと同じです。
でも、それだけで「安心感」を得られるならば、
それはそれで「あり」な気もします。
 
さて、そんな「高松神明神社」では
毎月第一日曜日に
「釜座マルシェ」という
イベントが開催されています。
小さな神社なので、マルシェの規模も
さほど大きいものではありませんが、
アットホームな雰囲気のマルシェです。

来月は9月3日の開催です。

posted by 涌井慎 at 16:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

お久しぶりです。NO.761。

09F5E10D-A921-4BAC-A460-1D8BB1D99400.jpg

しばらくお弁当をアップできていませんでした。

お弁当アップしないんだったら、
ブログ自体、
アップしなけりゃいいじゃんと
思われる方も多いことでしょう。

僕もそう思います。

それでも、
くっかり「日課」になってしまったもの。
アップしないでおくのは
なんか気持ち悪いものです。

この感覚、どうせなら、
ブログじゃなくて、
ランニングとか、
腕立て伏せとかで感じていたかった。

さて、
ユカリのふりかけに「ハン」。
「ユカリハン」ならいいですが、
他所のお家のピンポンを押して逃げる
ピンポンダッシュなど、
「愉快犯」はよくありません。

愉快なのは当人だけ。
他の誰一人として幸せにしません。
どうせ面白いことをするのなら、
みんな愉快になれることをしたいですね。

と、
ドリフを見ながらしみじみと。


posted by 涌井慎 at 20:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

京都の名所旧跡ご紹介24 西往寺

1640FAED-397A-4799-8252-2EC3CC4D437D.jpg

お弁当、本日もありません。
もはや「涌井家のお弁当」ではないな。

高辻大宮西入ルにある「西往寺」。
「往復」の「往」ですが、
「さいじゅうじ」と読むようです。
「じゅう」なら「住」だと思うのですが・・。
 
お寺は「非公開」で、
「駒札」もありませんので、
インターネットでいろいろと調べてみますと、
どうやら、コチラで有名なのは
国の重要文化財に指定されている
「宝誌和尚立像」。
 
画像を観ましたが、すごいです。この仏像。
真っ二つに割れた顔の中から
別の顔が見えるんです。
「宝誌和尚」は中国・南北朝時代の僧侶で、
武帝が絵師に顔を描かせようとすると、
顔が割れて中の菩薩が次々に変化したため、
顔を描けなかったという
言い伝えが残っています。
なんか知らんけど凄い話やで。
 
「宝誌和尚立像」は いま、
「京都国立博物館」に所蔵されています。
2014年、「京都国立博物館」に
「平成知新館」がオープンした際、
国宝62点、重要文化財130点を含む
“京都の文化財”を紹介する
京博史上、例のない
超豪華な展覧会が開かれましたが、
「宝誌和尚立像」は 
この展覧会の目玉の一つでもありました。
 
「宝誌和尚」さんは、
●長髪
●裸足で徘徊
●和尚さんなのに酒や肴に目がなく
●そうかと思えば、何日も食べないこともあり、
●予言者で人の死を予期したり、
心中を言い当てたり、
●分身して
一時に数か所に現れることもあったそうです。
なんかもう、めちゃくちゃや。
 
分身といえば、以前、
私が京丹波町の道の駅「味夢の里」にいて、
妻子が「京都府庁」にいたとき、
ほぼ同じ時間に
「まゆまろ」を観たことがあります。
「まゆまろ」にも
「宝誌和尚」さんと同じ力があるようです。

posted by 涌井慎 at 13:32 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

京都の名所旧跡ご紹介23 光圓寺

99240212-A741-4DEB-A1ED-86E80AB6F275.jpg

妻子帰省中につき、
しばらくお弁当はありません。

でも、
本来なら、
一家庭のお弁当よりも、
この京都の名所旧跡ご紹介シリーズのほうが、
世の中の役には立っているんじゃないかと
思います。

「面白さ」と
「役に立つかどうか」というのは
必ずしも比例しないものらしい。

さて。
松原通り西洞院東入ルにある「光圓寺」。

コチラは親鸞聖人が
関東から京都に帰ってこられた際、
住まいにされていた場所です。
住んでいた頃、
関東から門弟の大部の平太郎さんが、
訪ねてきたとされています。
大部の平太郎さんは 
親鸞聖人の教えを深く信じていて、
二心のない尊い人だったそうです。
 
アイドルグループのツアーに付いていく
ファンの心境でしょうか。
だとすれば、大部の平太郎さんの気持ち、
よくわかります。
わかるけど私にはできない。
その強い思い、強い愛には頭が下がります。
 
さて、この場所は 
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿
「九条兼実」さんの別宅でもあったそうです。
親鸞聖人は コチラで、兼実さんの娘さんで、
妻となった玉日姫と
過ごしていたといわれています。
親鸞聖人は 流罪となるまで、
コチラに住んでいたそうです。
 
時は流れ、親鸞聖人は晩年にも、
コチラを住まいとしていて、
光圓寺には
「親鸞聖人御入滅之地」の石碑が
置かれています。
一般の方が参拝できるのか否か、わかりません。
少なくとも「入りにくい雰囲気」はあります。


余談ですが、
お弁当がなかったので、
今日のお昼はマクドナルドでした。
マックorマクド。
正直どちらでもよいのですが、
「さん付け」すると、
ちょっと有り難みが増しますから、
試してみてください。

「さん付け」するなら、
私は断然「マクド派」です。
おくどさんみたいになるから。


posted by 涌井慎 at 17:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする