2016年12月04日

ロームシアター京都にて。

BD1DFA34-B613-427A-97BD-DF1A8029A630.jpg

本日はロームシアター京都2本立て。
ノースホールにて『墓穴』観劇から
メインホールにて
『岸田繁 交響曲第一番 初演』。

『墓穴』ではDJ谷口キヨコさんが
女優デビュー。
岸田さんは「初演」のタイトル通り、
クラシックデビュー。
はからずもデビューの現場を
連続で覗かせていただいた。
(谷口さんは公演二日目だったので、
厳密にはデビューではないのですが)

本人にしかわからないことですが、
どうなんでしょう。
お二人とも自分の人生において、
谷口さんは女優として舞台に上がることを
岸田さんはオーケストラに
曲を書き下ろし、その曲で
共演することを想像していたのでしょうか。

演劇について、
クラシックについて、
私はちゃんとした
感想が述べられるほどの人間ではないですが
一つの道をあくなき探究心で
邁進していると、
人生が自分の意志と関係のないところで、
思いがけず好転していくのでしょう。

そんな人として
生きるうえでの「理想」ともいえるカタチに
1日2回も立ち会えた今日という日を
自分にとっても転換期にせねば。


日曜日はお弁当がありませんので、
こんなところで失礼します。
観劇とクラシック鑑賞の間に
「京都モダンテラス」で食べた
味噌と黄粉のティラミスが
激しく美味しすぎて、
これまた私の舌の転換期になりました。


スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 19:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

「確信か余裕がほしい」というお話です。

1D4DE50B-C170-4509-AE8D-238DA732CD69.jpg

「確信か余裕がほしい」というお話です。
(きかんしゃトーマス風)


宝ヶ池公園へ行く用事があり、
どうせなら、あの辺りでお昼ご飯を・・
と思ったのですが、
これがなかなか難しい。

まず目に付いたのは国際会館駅を出て
スグのところにある「王将」。
味はよく知っているし、
間違いないんですが、これがいけない。
何故、せっかく宝ヶ池まで来て、
よく味を知っているお店に
行かないといけないのだ。

というわけでスルー。
次はクレープとガレットのお店を見つけた。
う〜ん、お昼にクレープとガレットか。。
正直、ガレットって何か知らないし、
外観もなんとなく妖精っぽい雰囲気で、
36歳男性が一人では入りにくい。。
残念ながらパス。


しばらく歩くと、
今度はレストランがあった。
ここは事前に「宝ヶ池 おすすめ」で
検索したら出てきたお店なのですが、
店頭のメニュー表を見ると、
「1500円」くらいする。
しばらく考えこんだのですが、
「間違えたくない」という
思いが勝りました。


もし、美味しくなかったら、
1500円のダメージは重い、重すぎる。。
そんなことを考えていたら、
いつの間にか宝ヶ池を一周して、
最初の王将まで戻ってきてしまいました。


結局、何を食べることもなく、
帰ってしまいました。



「絶対に美味しい」という確信か、
「一回くらい間違えてもネタになるし、
ええか」くらいの余裕があれば、
私はもっと宝ヶ池周辺を
楽しめたのだろうなぁ。


というわけで、
帰ってきてから
地下鉄四条駅で買った
シズヤのペッパーカルネをいただきました。


「確信か余裕がほしい」というお話でした。







posted by 涌井慎 at 16:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

NO.689。日本の温泉を身近にする

759B52A0-5312-4ECC-AF57-442FE10900B0.jpg

湯快リゾートって、
いつも気になっていながら、
利用したことがないんです。

だいたい温泉のこと検索したら
出てきますよね。
湯快リゾートを知らずして
温泉を語るなという
無言の圧力を感じます。

そんなある種、憧れの存在でもある
湯快リゾートよりも先に
ゆかりリゾートをいただくことができました。

だいたい弁当のことを検索したら
出てくるくらいの存在になりたいね。

posted by 涌井慎 at 19:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする