2017年09月22日

NO.781。高級アイス。

CB5D9D5B-0E44-4D35-8BDE-27CD9B8CFCD4.jpg

お弁当開けたら、
ハアゲンダッツっていう、
高級アイスが入っていたよ。
美味しかったよ。

スポンサードリンク



posted by 涌井慎 at 14:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

ますやのチキンカツカレー。

77F6056E-356C-4C32-8277-AE6CF0B0D037.jpg

今日は久しぶりに「ますや」へ。

仏光寺の南側の筋を
少し下がったところにある憩いの場です。

が、
今日はその憩いの場が、
けっこう大変だったみたい。

関西テレビで紹介されたから、
お客さんがめちゃくちゃ来たそうです。
「ますや」さんはご夫婦で切り盛りされている
小さなお店なので、
急にお客さんが殺到したため、
対応が「ギリギリ」になったようで。


嬉しい悲鳴ですね。


テレビ離れなんて言われたりしますが、
まだまだテレビの影響力って大きい。
インターネットの情報も
テレビが元ネタであることがある。

テレビが面白くないという人に限って、
その人が面白くなかったりもする。

面白いものを吸い込むアンテナが
足りてないだけなのだ。
テレビが面白くないという人は
他のものも面白くないのかもしれない。
知らんけど。

少し話は逸れますが、
人のセンスを否定する人は、
はなっから、「認めない目」で見てるから
否定してしまうんです。
自分の感覚を信じすぎるのも
考えものだな〜と思う。


脱線してしまいましたが、
「ますや」は素敵なお店です。
どれだけテレビで取り上げられても
素敵なお店でなければ、
すぐに忘れ去られてしまうだろう。


ちょうどいいくらいに
注目され続けてほしい。





posted by 涌井慎 at 21:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

NO.780。飲んだことない。

6F9C8E19-C6A6-43BF-A6E0-71829532FA8C.jpg

これは
小学生あたりがよく言うダジャレですね。
胃カメラって飲んだことないです。

最近はそんなに大きくないんですかね。
どうなんでしょう。
医学も日進月歩ですね。
知らんけど。

posted by 涌井慎 at 15:51 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

NO.779。いじめとの境界線

AC845A8E-54BA-4E65-BEC1-AD59BBCCD10B.jpg

子供って、
どこまでやっていいか?
わからないから時に非常に残酷です。

悪ふざけでやっていることも、
相手からしたら、
深刻ないじめになっていることも。

自分がされたらイヤなことは
他人にもしないという、
当たり前のことを
当たり前に守れないといけませんね。

相手が「おいしい」かどうかですよね。
「おいしい」と思ってくれたら悪ふざけ。
「イヤ」だと思われたらいじめ。
境界線は自分ではなく、
相手が決めるものなのです。

我が家のお弁当は「美味しい」から
「悪ふざけ」なのです。
「ワルフ鮭」なのです。




posted by 涌井慎 at 12:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

NO.778。しゃくれ。

377373F6-A75B-4CB5-8F1B-C5C8FD3FD403.jpg

「シャクレ」って
ドラクエの呪文みたいですよね。
わくいはシャクレを唱えた。

ところで、
私はアゴが大きいのですが、
シャクレているわけではありません。
たぶん。

境界線がよくわからないのですが、
アゴ長=シャクレではない。
きっと違う。
はず。



こましゃくれたシャクレとか、
もう誰からも愛されないですよね。
せめて素直でお利口でありたい。
せめて「ごまシャクレ」くらいに
留めてもらえたら。


posted by 涌井慎 at 15:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

京都の名所旧跡ご紹介37 正一位稲荷神社

38A78583-3C9F-4B6D-87D9-F00F55E20D7D.jpg

蛸薬師堀川を東に入ルにある
「正一位 稲荷神社」。

ただ、同じ「正一位 稲荷神社」という
名前の神社、もしくは
「正一位 稲荷大明神」という
名前の神社は、
全国各地に点在していると思われます。
 
稲荷神社は言わずとしれた
「伏見稲荷大社」を総本宮とする神社です。
全国に3万社あるといわれています。
日本に生まれて
稲荷神社を見たことがないという方は
おられないんじゃないでしょうか。
 
というわけで、
総本宮の伏見稲荷大社のHPを見てみると、
「よくあるご質問」というページがありました。
 
●「お稲荷さん」と「狐」の関係は?
稲荷神社のご祭神「稲荷大神」のお使いが
「きつね」なんですね。
ただ、野山にいるキツネさんではなく、
我々が肉眼で目にすることはできない
キツネ様です。
このため、“透明の狐”という意味で
「白狐さん(びゃっこさん)」として
親しまれています。
 
●「お稲荷さん」の御利益は?
古くは 朝廷が、雨乞いや、
その反対の止雨、五穀の豊穣、
国の安穏の祈願など、“公”の願い事が
多く記録されているそうです。

平安時代には
良縁祈願される方もいたそうですし、
時は流れ、豊臣秀吉は
母親の病気の平癒を祈願しているようです。
いまでは 商売繁盛や産業興隆、
家内安全、交通安全、芸能上達の守り神として
広く親しまれていますね。
 
●「正一位」とは?
これは神様の位で最高位のことです。
天長4年(827年)、淳和天皇から
「従五位下」を授かって以来、
だんだん地位が上がっていき、
天慶5年(942年)に
「正一位」になったそうです。
稲荷大神以外にも
「正一位」を授かっている神様は
日本全国にたくさんおられるそうです。
 
神様が位を授かってる・・っていうのが
すごい話です。
 

posted by 涌井慎 at 12:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の名所旧跡ご紹介36 正運寺

3301F4AD-D704-44EE-B2F6-7102FBB59CAD.jpg

蛸薬師大宮西入ルにある「正運寺」は、
加藤清正さんの重臣だった
飯田直景さんを開基、
深誉上人さんを開山として
慶長5年(1600年)に創建されたお寺です。

※開基・・創建に際してお金を出した人
(スポンサー)
※開山・・初代の住職 
↑宗派などにより差異はあれど概ねこんな感じ。
 
天明の大火(1788年)で焼失しているので、
現在の建物はその後の再建であるとみられます。
洛陽三十三か所観音巡礼の第二十六番札所で、
十一面観音菩薩が祀られています。
なんでも奈良県の長谷寺の御本尊と
同じ木を使っているそうです。
 
ところで・・
ねぇ、どうして?
十一面観音菩薩って、頭の上に11個も〜
ルルルルル〜顔が付いてるんだろう??
 
吉田美和さんの歌声が響きます。
調べてみますと、 
苦しんでいる人をすぐに見つけるために
頭の上に11の顔があって、
全ての方向を見守っているんだそうです。
それぞれの顔は人々をなだめたり、怒ったり、
励ましたりしてくれるといわれています。
 
私は どちらかというと
頭の上に十一個顔がある観音様よりも、
3つの顔と6つの手をもつ
悪魔界のプリンスのほうが
馴染み深かったのですが、
齢38を目前に控え、
そろそろ観音様のご利益を授かるため、
もうちょっとしっかりと
仏教のことを勉強せねばと思う次第です。
 

posted by 涌井慎 at 03:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする